レジスターのボタンが正しく押せない不具合

私は飲食店を経営しているのですが、今5年目になるレジスターがあります。

そのレジスターはフラットタイプといって、押すとカチャカチャ鳴る物販タイプじゃなくて飲食店用の表面がボタンのタイプです。

先日、そのボタンの調子が急におかしくなりました。

どうおかしくなったかと言いますと、正しいメニューのボタンを押しているのに違うメニューを押したことになってしまう、というものです。

私はとうとう壊れたか?と心配になりました。

まだ壊れるには早いだろうと思いましたが、レジスターの耐用年数は5年ですので年数的にはおかしくありません。

これでは正しくレジスターが打てませんので、私は急いでお世話なってるレジスターの販売会社に連絡を取り、修理の依頼をしました。

さっそく来てもらいましたが、やはり年数的なものと、飲食店でのレジスター使用はどうしても壊れやすく、さらに海の近くは電化製品がすぐダメになるのでその影響なのではとのことでした。

私はすぐにレジスターを使える状態にしたかったため、すぐに新しいレジスターを契約しました。

今では新しいレジスターに交換も無事に終わり、快適に使用させてもらっています。